初心者のための消費者金融でするおまとめローン講座

銀行と消費者金融のおまとめローン利用時の条件の違い

銀行と消費者金融会社では、おまとめローンという金融商品の販売を行っています。

おまとめローンは、カードローンや目的別ローンと同じ種類のサービスですが、
他のローンが目的に応じて使うものに対して、様々な金融機関や金融会社からお金を借りた時に、
より返済をしやすくする為に窓口の一本化をしたい時に利用出来るものです。

銀行と消費者金融会社のおまとめローン利用時の条件の違いは、カードローンの違いとよく似ています。

銀行などの金融機関では、貸金業法の総量規制の対象ではありませんので、審査さえ通れば、限度額を高く設定してもらえる可能性があります。

利用条件は、20歳以上70歳以下といった年齢条件と一定収入があるかどうかといった事ですが、過去の借り入れにおいて遅延無く返済が行われてきたかという事も審査の際にチェックされます。

消費者金融会社の場合は、おまとめローンであっても総量規制の対象になってきます。

その為、金融機関とは違って限度額は年収の3分の1となっています。
おまとめローンの利用条件が審査に反映され、限度額の金額にも違いが出てきます。

条件を考慮して、いずれかのローンを選択していく事が出来ますので、利用者が利用条件に合致しているのかを確認してサービスを使っていくと良いでしょう。

返済窓口を一本化出来る手段として有効ですが、消費者金融会社と金融機関では、カードローンと同じように金利に違いがあったり、限度額に制限があったりしますので注意が必要です。

当サイトに掲載された記事・画像の無断転載を禁じます。