初心者のための消費者金融でするおまとめローン講座

複数の消費者金融からの借り入れはおまとめローンで一つに

おまとめローンにも銀行が発行のものと消費者金融のものの2種類があります。

消費者金融の場合は総量規制対象となってることが多く、複数の借り入れがある場合は全てをまとめきれないこともあります。
銀行のおまとめローンでは年収による貸し出し制限がありませんので、年収の3分の1以上の借り入れがあってもまとめることが可能です。

しかし、おまとめローンは複数の借り入れ先のリスクを一手に引き受けるローンですので、金融機関側の審査も厳しくなります。
注意しなくてはならないのが、あまりにも借り入れ先が複数あると、審査に通ることができないという点です。

おまとめられるのは多くても4社程度だと考えておいてよいでしょう。

もしそれ以上借り入れ先があった場合は、すでに契約済のローンの空いてる限度額を利用して、借り入れ先の圧縮をするとよいでしょう。
この場合の借り入れ先には、クレジットカードのキャッシングも含まれますので、申告するときに総額と件数を間違えないようにしましょう。
正しい数字で申告しないと、借金の管理ができていないものと判断され、審査のときに厳しく見られてしまうこともあります。

消費者金融のおまとめローンで一回まとめて借り入れ件数を圧縮したり、すでにあるカードローンの限度額を上げてもらうことで、少額のローンの借り換えをするのも良いでしょう。

銀行のローンは金利も低く、借り入れコストの圧縮や返済計画を立てやすくなるメリットがありますが、誰でも利用できるものではないのです。

当サイトに掲載された記事・画像の無断転載を禁じます。