初心者のための消費者金融でするおまとめローン講座

消費者金融のおまとめローンは生活保護の方でもOK?

結論から言うと、消費者金融のおまとめローンは、生活保護の方では難しいでしょう。

おまとめローンは総量規制から除外されていますので、消費者金融で借りる場合でも「年収の3分の1まで」という制限はありません。
しかし、借り入れする金額が高額になりがちなおまとめローンは審査が厳しい傾向があります。

それまでのローンの返済で延滞をしていないことはもちろん、契約者に十分な支払い能力があることが必要です。

無職の人ではまず審査に通りませんが、生活保護を受けていても働いていて収入があればローンの審査に通る可能性はあります。

例えば、月に15万円の収入があるが、自分と子供が生活していくには不十分である場合に、不足分を保護費でまかなっているというケースなどです。
しかし、自分の収入だけでは生活ができない状態にあるので、ローンの審査に通ることはかなり難しいでしょう。

また、生活保護の方は、もらった保護費から借金を返済していくことは基本的に禁止されています。

借金を返済してはならないという法律はないものの、「健康で文化的な最低限度の生活」を営むための制度なので、常識的に考えて借金の返済にあてることはできません。
最悪のケースでは、保護を停止されてしまうおそれもあります。

複数の借金を抱えてしまった場合には、まずはケースワーカーに相談をして、アドバイスをもらいましょう。
基本的には自己破産をすることになるでしょう。

自己破産をすればすべて借金を帳消しにすることができます。

当サイトに掲載された記事・画像の無断転載を禁じます。